飛行機や新幹線で函館1泊2日旅行をする場合

北海道の南西部に位置する函館という北海道第3の都市は、2016年に新幹線が開通してから東日本地域より飛行機だけでなく陸路でもアクセスしやすくなりました。2016年以降は旅番組や旅雑誌において函館が特集される事が急増し、東日本地域の人達の間で急激に人気が高まっています。そんな函館を1泊2日の予定で訪れる場合は、まず現地に着いたら市街地エリアの寿司店・海鮮料理店にて新鮮な魚料理を食べてみる事を推奨します。なお夜景がきれいな都市であるため午後3時頃になってホテルにチェックインするのではなく、夕方になったらロープウェイに乗って市街地の山の頂上に行ってみてください。日没時刻になると、頂上からはテレビや雑誌等によく映るあの印象的な夜景を生で見る事ができます。

冬季に1泊2日で札幌を訪れる場合

続いて、1泊2日の予定で道央エリアに位置する人口約200万人の大都市・札幌を訪れる場合のおすすめプランです。この市の特徴としては、道央地域の空港から直通である札幌市内のターミナル駅そばに人気観光地が集中しており、歩きで名所巡りができます。ターミナル駅に着いたら北口ではなく南口に向かってください。南口から続く大通りを約700m南下すると、特に有名な時計台を間近でみる事ができます。その時計台のすぐ南には東西幅が約2kmもある大通公園がありますが、こちらでは冬季に様々なイベントが開催されます。

12月であれば国内最大規模のイルミネーションイベントが開催されるため、こちらに長く滞在して幻想的な景色を楽しんでみてください。また2月になるとたくさんの雪像が出現するイベントが開催されますので、この催しを満喫するのも良いでしょう。